HOME > 工信部広報官、「乗用車企業平均燃費と新エネ車クレジットの同時管理実施法」を間もなく公布と発言

工信部広報官、「乗用車企業平均燃費と新エネ車クレジットの同時管理実施法」を間もなく公布と発言

国務院新聞弁公室主催の7/25の記者会見で、工信部の広報官がNEVクレジット制度の導入に関する質疑に答えた様子を市場信息網が報じている。
この記事によると、広報官は同制度は中国の国内事情にも世界の潮流にも適った制度だと自信のほどを示したという(訳注 要するに、同制度はすでに公示された内容のままで導入する意向と見られる)。
その他には見込まれる制度の概要や購入補助金制度に代わって市場をけん引するという前向きな見解を提示している。
*訳注 工信部が公開した記者会見録から、本件は工信部からの発表ではなく、中国新聞社記者の質疑に答えたものだったことが
判明している。
同記者は米欧日韓の業界団体からの申し入れについても確認を求めたが、広報官は申し入れを受けたことは認めたものの、
今後検討すると答えたのみだったという。

[更新日] 2017/07/25 / [情報源]国際能源網
出所情報: http://newenergy.in-en.com/html/newenergy-2299256.shtml


  • ・こちらでご紹介している情報は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
  • ・こちらでご紹介している情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
  • ・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
  • ・ご紹介している内容は、当社の意見を表明したものではありません。
  • ・ご紹介している内容を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。