HOME > EV駆動用バッテリー回収の規範化に向けた標準化動向

EV駆動用バッテリー回収の規範化に向けた標準化動向

証券日報が、5/17に公布された国家標準「自動車用駆動用バッテリーリサイクル 解体規範」が12/1から施行される他、国家標準「自動車用駆動用バッテリーリサイクル エネルギー残量計測」も2018年に公布・施行される見通しだと紹介している。
駆動用バッテリーの解体には、電解液の液漏れ、発火、爆発などのリスクがあり、一方で国が普及を推進しているEVの駆動用バッテリーの廃棄量が2020年ごろにピークを迎える(12万-17万個と予想される)ことから、適切な規範化が欠かせないとしている。

[更新日] 2017/09/12 / [情報源] 中国自動車工業協会
出所情報: http://www.caam.org.cn/xiangguan/20170912/1405211545.html


  • ・こちらでご紹介している情報は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
  • ・こちらでご紹介している情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
  • ・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
  • ・ご紹介している内容は、当社の意見を表明したものではありません。
  • ・ご紹介している内容を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。

, ,

さらに多くのNEV関連、自動車業界関連の
情報を毎日配信しています。

直近のトピックスは 以下のリンクからご確認ください