HOME > 韓国のバッテリーメーカー、ポスト新エネ車補助金時代に向けて始動か

韓国のバッテリーメーカー、ポスト新エネ車補助金時代に向けて始動か

LG化学やサムスンSDIなどの韓国バッテリーメーカーが、新エネ車購入補助金制度の終わる2020年を睨んで、中国自動車メーカーとの交渉をすでに始めていると国際能源網が報じている。
*訳注 新エネ車購入補助金の交付対象モデルになるためには、工信部(MIIT)が認定した駆動用バッテリーの搭載が義務付けられているが、対象バッテリーは現在は中国産に限定されている
[更新日] 2018/05/09 / [情報源]国際能源網
出所情報: http://newenergy.in-en.com/html/newenergy-2311237.shtml


  • ・こちらでご紹介している情報は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
  • ・こちらでご紹介している情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
  • ・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
  • ・ご紹介している内容は、当社の意見を表明したものではありません。
  • ・ご紹介している内容を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。

,