日本、欧州、米国など海外とともに中国におけるFCVの普及促進制度やメーカーの開発状況などをまとめた記事(能源日参)。
中国の事情については、上汽集団がFCVを積極的に開発しすでに81台の試行運用を行っているなどと紹介すると同時に、各地の普及動向や普及に向けた課題を挙げている。水素の供給拠点は、一般向けには北京市と上海市でそれぞれ1か所運営されている他、遼寧省大連市、広東省仏山市・云浮市・中山市、湖北省十堰市、河南省鄭州市の6か所に非公開で運営されているという。
目下の課題として、基幹材料や中核部品の生産能力不足、高額な水素のコスト、政府の支援体制の不足などを挙げている。
[更新日] 2018/05/16 / [情報源]国際能源網



・本ご案内は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
・本ご案内に掲載した情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
・本ご案内に掲載したURLが示すページは、原稿制作段階でセキュリティソフトによって脅威がないことを確認しています。ただし、その後もその状態を保っているかを含め、セキュリティ上の脅威が無いことの保証はいたしかねます。
 また、これらの出所情報にアクセスすることを推奨する意図は、当社にはありません。アクセスはあくまでお客さまの判断にてお願いいたします。
・本ご案内に掲載した情報の内容は、当社の意見を表明したものではありません。
・本ご案内を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。