6/27開催された「中国(青海)リチウム産業・駆動用バッテリー国際フォーラム」で行われた中国電動汽車百人会の陳理事長の講演内容を、澎湃新聞が報じている。陳理事長は、中国メーカーの駆動用バッテリー技術の向上を認めた上で、今後の見通しや問題点として以下の点を指摘した。【見通し】・競争は激化し、技術力の低いメーカーは市場から淘汰される・初期の新エネ車に搭載された駆動用バッテリーの交換時期を迎える【課題】・リチウム、コバルト、ニッケルなどの資源調達が難しくなる(寡占化が進む)・原料価格高騰と補助金削減で駆動用バッテリーメーカーの財政が逼迫する・駆動用バッテリーの生産能力の過剰が顕在化・顕著化・使用済みバッテリーの回収やカスケード利用体制の整備が急務に陳理事長は、これらの課題の解決策として、以下の内容を提言した。【提案】・国が主導して、資源の採掘・再利用に関する中長期的な計画を立て資源を確保・資源採掘とバッテリー生産の新規事業に対する監督を強化・使用済みバッテリーの回収やカスケード利用に関する法規、標準、支援策などを整備・バッテリーメーカーは研究開発に注力・企業、業界、国の垣根を超えた協力体制の構築が必要
[更新日] 2018/06/28 / [情報源]国際能源網



・本ご案内は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
・本ご案内に掲載した情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
・本ご案内に掲載したURLが示すページは、原稿制作段階でセキュリティソフトによって脅威がないことを確認しています。ただし、その後もその状態を保っているかを含め、セキュリティ上の脅威が無いことの保証はいたしかねます。
 また、これらの出所情報にアクセスすることを推奨する意図は、当社にはありません。アクセスはあくまでお客さまの判断にてお願いいたします。
・本ご案内に掲載した情報の内容は、当社の意見を表明したものではありません。
・本ご案内を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。