寧徳時代に市場シェアで水をあけられたBYDが、2020年時点で生産能力で寧徳時代の50GWhを上回る60GWhを目指していると、時代周報が報じている。記事によると、現在の上位二社の生産能力とシェアは、寧徳時代(1956.2MWh/シェア43.5%)、BYD(553.02MWh/シェア12.3%)と、その差は大きい。BYDは新エネ車購入補助金制の縮小の煽りを受ける形で業績が悪化しているとも報じられており、その苦境から脱却策として、メーカーとしての特性を活かした補助金獲得に都合のいいモデルの生産に舵を切ると、記事は報じている。
[更新日] 2018/07/03 / [情報源]国際能源網
出所情報: http://newenergy.in-en.com/html/newenergy-2314538.shtml



・本ご案内は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
・本ご案内に掲載した情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
・本ご案内に掲載したURLが示すページは、原稿制作段階でセキュリティソフトによって脅威がないことを確認しています。ただし、その後もその状態を保っているかを含め、セキュリティ上の脅威が無いことの保証はいたしかねます。
 また、これらの出所情報にアクセスすることを推奨する意図は、当社にはありません。アクセスはあくまでお客さまの判断にてお願いいたします。
・本ご案内に掲載した情報の内容は、当社の意見を表明したものではありません。
・本ご案内を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。