19条と付表で構成されている。施行日は8/1。主な内容は以下の通り。
工信部連節[2018] 43号の要求に基づき、新エネ車の駆動用バッテリーの生産・販売・使用・廃棄・回収・再利用の情報のトレーサビリティ管理(以下、管理)を実施するための「新エネ車国家監視と駆動用バッテリー回収・再利用トレーサビリティ総合管理システム(以下、システム)」の構築・運用を施行日より実施する。
・対象は、「道路原動機付車両の生産企業および製品の公告(以下、公告)」に新たに記載される新エネ車と、CCC認証を新たに取得する輸入新エネ車。施行日以前に「公告」に記載されていた新エネ車またはCCC認証を取得していた輸入新エネ車は、施行日より12か月後に管理を開始する(=1年間の猶予を与える)。
・メーカーおよび輸入業者に対し、生産・輸入をしている車両のうち、まだ管理に組み込まれていない(システムに登録されていない)新エネ車は、施行日から12カ月以内に必要な情報を管理システムに登録するよう義務づけている。
・バッテリーメーカーおよびバッテリーカスケード利用業者に対し、中機函[2018] 73号が定める要件に従い、バッテリー(個体)に(管理用シリアル)コードを表示することを義務づけている。
・自動車メーカーや回収・解体業者に対し、トレーサビリティ情報をシステムから随時更新するよう義務づけている。
・自動車メーカーと輸入業者に対し、車両毎のトレーサビリティ情報を、出荷合格証取得後または通関後15日以内に登録することを義務づけている。
・自動車販売業者に対し、自動車メーカーへの販売(納車)済み車両に関する記録情報を報告することと、車両購入者に記録情報に変更が生じた際の記録更新の必要性とその方法の説明を義務づけている。
・自動車メーカーに対し、車両にナンバーが付けられてから(登録が完了してから)30日以内もしくは情報が更新されてから30日以内の情報登録を義務づけている。
・保守点検事業者やバッテリーリース業者に対し、バッテリーの点検・修理・交換の際に、必要に応じて必要な情報を自動車メーカーに報告することを義務づけている。
・自動車メーカーに対し、保守点検事業者などから報告された情報を、保守・点検・交換などを実施した日から30日以内に情報を登録することを義務づけている。。
[更新日] 2018/07/03 / [情報源]工業信息化部(MIIT)
出所情報: http://www.miit.gov.cn/n1146285/n1146352/n3054355/n3057542/n3057544/c6245200/content.html



・本ご案内は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
・本ご案内に掲載した情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
・本ご案内に掲載したURLが示すページは、原稿制作段階でセキュリティソフトによって脅威がないことを確認しています。ただし、その後もその状態を保っているかを含め、セキュリティ上の脅威が無いことの保証はいたしかねます。
 また、これらの出所情報にアクセスすることを推奨する意図は、当社にはありません。アクセスはあくまでお客さまの判断にてお願いいたします。
・本ご案内に掲載した情報の内容は、当社の意見を表明したものではありません。
・本ご案内を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。