法制晩報の記者が、大手自動車保険会社や(北京市内の)自動車ディーラーへの取材を踏まえて、新エネ車オーナーに向けて、現在のガソリン駆動車向け自動車(任意)保険の問題点の注意喚起をしている
・新エネ車向けに最適化された車両保険(任意保険)の発売には、まだ時間がかかるものとみられる
・現行の保険には、エンジン特別損失保険など、エンジンの無い車両に不要なオプションが含まれている可能性がある
・新エネ車は(航続距離が長くなく、通常はGPSや遠隔ロックなどのネットワーク機能を持っているため)盗難リスクは相対的に低く、エンジン駆動車向けの盗難保険は割高という印象がある
・むしろ駆動用バッテリーの発火やショートなどの故障や充電設備の故障など、新エネ車固有のリスクを考慮する必要がある
・保険会社によっては、(車両価格に応じて算出される)保険料を、実際の購入価格に補助金を加えた”定価”で計算している
・一方で、全損時などに支払われる保険金の算定については、実際の定価から補助金額を差し引いた”購入価格”を基に支払う会社もあるという
[更新日] 2018/07/17 / [情報源]中国汽車召回網
出所情報: http://www.qiche365.org.cn/news/20180717/CA5217.html



・本ご案内は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
・本ご案内に掲載した情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
・本ご案内に掲載したURLが示すページは、原稿制作段階でセキュリティソフトによって脅威がないことを確認しています。ただし、その後もその状態を保っているかを含め、セキュリティ上の脅威が無いことの保証はいたしかねます。
 また、これらの出所情報にアクセスすることを推奨する意図は、当社にはありません。アクセスはあくまでお客さまの判断にてお願いいたします。
・本ご案内に掲載した情報の内容は、当社の意見を表明したものではありません。
・本ご案内を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。