HOME > 微型EV市場でメーカーの明暗が鮮明に

微型EV市場でメーカーの明暗が鮮明に

微型(A00級)セグメントの新旧EVメーカーの間で、業績の明暗が鮮明化していると、高工電動車網が報じている。
記事によると、かつて同市場を牽引してきた知豆などは、新エネ車購入補助金の厳格化のあおりを受けて販売台数が激減し経営危機に直面しているという。一方で、車格的にカーシェアリングに適していて、競合だった低速EVへの規制強化が進んだことで、BYDなどが新たに微型セグメントへ新モデルを投入する流れもできているという。その他にも、地方の中規模都市(三四線都市)を狙って同市場に参入する新規メーカーの登場などもあり、微型セグメントのEV市場は新たな競争局面を迎えていると、記事は……


  • ・こちらでご紹介している情報は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
  • ・こちらでご紹介している情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
  • ・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
  • ・ご紹介している内容は、当社の意見を表明したものではありません。
  • ・ご紹介している内容を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。

, , , ,

さらに多くのNEV関連、自動車業界関連の
情報を毎日配信しています。

直近のトピックスは 以下のリンクからご確認ください