HOME > 全国政治協商会議の常務委員、2030年のFCV普及台数を100万台と予想

全国政治協商会議の常務委員、2030年のFCV普及台数を100万台と予想

全国政治協商会議常務委員兼中国科学院院士の欧陽氏に対する中国汽車報網のインタビュー記事。
同氏は、太陽光(を使って水を電気分解して)水素生産の効率が、太陽光発電の効率に迫っていることや、水素液化(保存)技術が向上していることなどを挙げて(水素燃料電池の商用化に向けた技術的課題が解決しつつあるとして)、2030年までにFCV普及台数が100万台に達すると予想した。同氏は……


  • ・こちらでご紹介している情報は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
  • ・こちらでご紹介している情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
  • ・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
  • ・ご紹介している内容は、当社の意見を表明したものではありません。
  • ・ご紹介している内容を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。

さらに多くのNEV関連、自動車業界関連の
情報を毎日配信しています。

直近のトピックスは 以下のリンクからご確認ください