HOME > 2019年第1四半期に乗用電動車に搭載された駆動用バッテリーの総電力量、前年同期比3.2倍に増加

2019年第1四半期に乗用電動車に搭載された駆動用バッテリーの総電力量、前年同期比3.2倍に増加

業界団体による統計*を参照し、2019年第1四半期の新エネ車に搭載された駆動用バッテリーの総電力量の累計が前年同期比216.5%増の9.53GWhに増加したと、電池中国網が報じている。
内訳は、EV向けの合計が8.79GWh(同260.9%増)、PHV向けが0.74GWh(同28.9%増)となっている。バッテリーメーカーのシェアは、寧徳時代とBYDで全体の70%以上を占めており、二強状態が続いている
……


  • ・こちらでご紹介している情報は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
  • ・こちらでご紹介している情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
  • ・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
  • ・ご紹介している内容は、当社の意見を表明したものではありません。
  • ・ご紹介している内容を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。

, ,

さらに多くのNEV関連、自動車業界関連の
情報を毎日配信しています。

直近のトピックスは 以下のリンクからご確認ください