HOME > 力帆股份、武漢泰歌のFCV事業に関する上海証券取引所からの問い合わせに回答

力帆股份、武漢泰歌のFCV事業に関する上海証券取引所からの問い合わせに回答

力帆股份の上海証券取引所からの問い合わせに対する回答について、毎日経済新聞が報じている。
・武漢泰歌水素エネルギー汽車にOEM製造を提供する
・FCVの開発および量産のため、新たに1.2-1.5億元を投資する予定
・FCV開発には、計画通りに成功せず事業がとん挫するリスクもある
・回答日は4/21
-力帆股份の動向
・昨年12月に同社旗下の重慶力帆汽車の株式100%を重慶新帆機械設備へ売却*
・力帆股份の2018年度の業績は20億元以上の損失
-同社の今年1-3月期の業績
・従来型乗用車販売台数……1.52万台(前年同期比約50%減)
・新エネ車販売台数……685台(同同62%減)
……


  • ・こちらでご紹介している情報は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
  • ・こちらでご紹介している情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
  • ・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
  • ・ご紹介している内容は、当社の意見を表明したものではありません。
  • ・ご紹介している内容を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。

,

さらに多くのNEV関連、自動車業界関連の
情報を毎日配信しています。

直近のトピックスは 以下のリンクからご確認ください