HOME > 北京理工新源信息科技、「新エネ車駆動用バッテリー回収・再利用トレーサビリティ管理システム」接続交流会(第4回)を開催

北京理工新源信息科技、「新エネ車駆動用バッテリー回収・再利用トレーサビリティ管理システム」接続交流会(第4回)を開催

3/29、北京市の新能源汽車国家監測管理中心で開催。広汽トヨタ、南京金龍、天津BYD、長江汽車など約20社から担当者らが出席した。北京理工新源信息科技の担当者らによる、同システム構築の背景や運用状況(3/25時点の接続台数は40万台以上など)の紹介、トレーサビリティ管理の上で企業が直面する問題(モジュール化されていないバッテリーの情報アップロード方法など)、トレーサビリティ管理の実施時期*、電池回収サービス拠点の建設に関する要件(表示、バッテリー保管設備、保管管理、情報管理に関する要件など)、車載管理モジュールの接続方法などに関する解説が……


  • ・こちらでご紹介している情報は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
  • ・こちらでご紹介している情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
  • ・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
  • ・ご紹介している内容は、当社の意見を表明したものではありません。
  • ・ご紹介している内容を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。

, , ,

さらに多くのNEV関連、自動車業界関連の
情報を毎日配信しています。

直近のトピックスは 以下のリンクからご確認ください