HOME > 汽車之家によるダブルクレジット2018年実績の分析記事

汽車之家によるダブルクレジット2018年実績の分析記事

工信部が先日発表した「2018年の乗用車企業平均燃費と新エネ車クレジットの実績」に関する分析記事を自動車情報メディア「汽車之家」が掲載している。
◆ 企業平均燃費(CAFC)*1クレジット……業界全体合計は2年連続で減少。SUV人気や車の大型化に燃費改善が追い付いていない。
・2018年の結果:+707万pt……2016年の+1010万ptから約3割減少
・新エネ車を除く企業平均燃費*2も悪化……2016年比で悪化
・[2016年] 6.98L/100km → [2017年] 7.20L/100km → [2018年] 7.16L/100km
・昨年生じた大きな悪化から回復できずにいる
◆ 新エネ車クレジット……業界全体合計が前年比2.3倍に増加し、飽和状態に
・2018年の新エネ車クレジットの業界全体の合計値……+389万pt
・外部企業に購入された新エネ車クレジット*3……約30万ptのみ
・クレジット1ptの市場価格が1000元を下回った……


  • ・こちらでご紹介している情報は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
  • ・こちらでご紹介している情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
  • ・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
  • ・ご紹介している内容は、当社の意見を表明したものではありません。
  • ・ご紹介している内容を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。

,