HOME > 各地方政府や各企業がこぞってFCVなど水素エネルギー関連事業に注力

各地方政府や各企業がこぞってFCVなど水素エネルギー関連事業に注力

能源交通創新中心(iCET) *は、5/20、中国における従来燃料車からの移行スケジュールに関する研究報告書を発表した。
同報告書は、外国やメーカーのガソリン車販売禁止(販売停止)スケジュール、新エネ車技術の向上動向、市場経済システムの作用、石油の供給状況などを総合的に分析し、各地域を属性で分類した4つのグループが、車種別に以下のように段階的に移行していくことが望ましいと結論付けている。
◆ 地域……4グループに分けて段階的に移行
・第1グループ……


  • ・こちらでご紹介している情報は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
  • ・こちらでご紹介している情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
  • ・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
  • ・ご紹介している内容は、当社の意見を表明したものではありません。
  • ・ご紹介している内容を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。

,