HOME > 中国汽車工業協会など、2018年の新エネ車生産販売市場のデータ分析結果を発表

中国汽車工業協会など、2018年の新エネ車生産販売市場のデータ分析結果を発表

中国汽車工業協会と中国汽車工程学会の合同チームが分析した新エネ車の販売市場動向が発表された。
主な内容は以下の通り。
◆ 2018年の新エネ車市場実績
・生産台数……127万台
・販売台数……125.6万台(前年比61.7%増。自動車全体の4.5%)
・販売台数のタイプ別実績……乗用車が105.3万台(EVが占める割合は約75%)
・生産された新エネバスと新エネトラックはほぼすべてEV
-新興企業群の実績……2018年販売実績2.6万台(全体比2%)
・蔚来、威馬、小鵬、車和家、雲度、合大、電咖、拜騰など
・メーカー別シェア……


  • ・こちらでご紹介している情報は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
  • ・こちらでご紹介している情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
  • ・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
  • ・ご紹介している内容は、当社の意見を表明したものではありません。
  • ・ご紹介している内容を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。

,