HOME > 上海市、水素ステーションの運用状況をリアルタイムで遠隔監視できるシステムの運用を全国で初めて開始

上海市、水素ステーションの運用状況をリアルタイムで遠隔監視できるシステムの運用を全国で初めて開始

6/10、市内のすべてのPHV、EV、FCV、水素ステーションの運行状況がリアルタイムで閲覧できるシステムの運用開始を記念したイベントを実施したと、EVDATA(上海市新能源汽車公共数拠採集監測研究中心*)が発表した。
このシステムは、上海舜華新能源系統と上海驛藍能源科技とEVDATAの三者の協業により、EVDATAのシステムに水素ステーションのデータを統合したものだという。発表当日は、(主に自動車関連の)メディア十数社を招き、同システムの体験イベントも開催したという。……


  • ・こちらでご紹介している情報は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
  • ・こちらでご紹介している情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
  • ・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
  • ・ご紹介している内容は、当社の意見を表明したものではありません。
  • ・ご紹介している内容を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。

, , ,