HOME > 中国汽車工程学会の副秘書長、中国新エネ車産業の見通しを楽観

中国汽車工程学会の副秘書長、中国新エネ車産業の見通しを楽観

中国汽車工程学会の副秘書長が、政府の適切な取り組みや研究の着実な結実などを理由に、中国の新エネ車市場の今後に憂いはないと断ずる投稿が、中央広電総台国際在線*に掲載された。
主な内容は以下の通り。
◆ 足下の業績について
・中国汽車工業協会の調査結果によると、新エネ車の全国業績は以下の通り。
-1-5月の業績
・生産台数……前年同期比46%増の(48万台)
・販売台数……前年同期比41.5%増(46.4万台)
-5月単月の業績
・生産台数……前年同期比16.9%増の(11.2万台)
・販売台数……前年同期比1.8%増(10.4万台)
急減速している理由は、政府が新エネ車購入補助金の金額を引き下げたことや補助金制度の終了が近づいてきたことなどにあると、同氏は見ている。
◆ 今後の展望について……


  • ・こちらでご紹介している情報は、中国著作権法に則って、中国政府機関などによって公開された情報を収集し、抄訳を案内しています。
  • ・こちらでご紹介している情報は、当社が信頼できると考える情報源から取得しておりますが、抄訳を含め、その内容の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。
  • ・当社は、当該情報に起因して発生した損害については、その内容如何にかかわらず、一切責任を負いません。
  • ・ご紹介している内容は、当社の意見を表明したものではありません。
  • ・ご紹介している内容を、一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製・転載・転送することは、固くお断りいたします。

, ,