NEV:New Energy Vehicle
中国語で新能源車。日本語訳では、新エネルギー車、略して新エネ車。

大気汚染が深刻な中国では、有害物質排出量が少ないクリーンな車の普及に力を入れています。北京、上海などの主要都市では、従来型のエンジン駆動車を買って登録するには、当選確率は800分の1(北京市の場合)という狭き門を通り抜けてナンバープレートを獲得しなければなりません。市街中心部への進入禁止措置やナンバー末尾による走行規制も珍しくありません。排出ガス規制に適合しない中古車などは転売が困難なばかりか、廃車を強要されるケースもあります。

また、中国政府は、日米欧の大手メーカーより競争力のある自動車メーカーを育成するという野心を隠していません。その目標達成のために選んだのが、低公害・高燃費のガソリンエンジン車ではなく、NEV(新エネ車)なのです。

つまり、NEV(新エネ車)は、国民が強く求めている青い空を取り戻し、世界一の自動車大国になるという、中国政府にとって極めて重要な目標の中核的ピースなのです。

そのため、中国政府は次々に様々な取り組みを進めています。
・新エネ車購入補助金……国だけでなく、省や市の政府からも給付されます
・新エネ車に対する優遇……ナンバープレートの交付制限や走行規制も免除されます
・充電インフラ整備……中国の充実度は自他共に認める世界一です

なぜこうした説明をしてきたかというと、中国で言う新エネ車とは、こうした優遇の対象になるもの、と理解すべきだからです。

実は、これまで、その定義は(北京と上海と天津で異なるといった具合に)まちまちでした。国有企業製の車両や地元に工場を持つ合弁メーカーのEVは新エネ車(優遇対象)だが、そうでないのは新エネ車でない(優遇しない)、といった明白な地元贔屓が横行していたからです。

しかし、それもこの一年で、概ね以下の3種類に落ち着いてきました。
・EV(電気自動車)
・FCV(燃料電池車)
・PHV(プラグインハイブリッド車)
※ちなみに、日本で人気のあるハイブリッド車は含まれません。
自動車の排出ガス規制に熱心な米国カリフォルニア州などの定義と概ね同様と言えるでしょう。

このサイト『中国NEVニュース』では、自動車産業に限らず、今後の世界経済にも大きな影響を与える中国のNEV(=新エネ車)市場の動向(とりわけ、法規や標準規格)に関する最新情報をご紹介していきます。

新エネ車購入補助金制度は2020年に終了が決まっており、ポスト補助金時代に向けた政策転換が進んでいます。どうぞ『中国NEVニュース』の情報にご注目ください。